おくちとからだの保険について

合併症に多い歯周病の入院・手術まで サポートできる新しい保険です

国民の45%が歯周病

健康な状態では1〜2㎜程度の歯周ポケットが、4㎜以上ある人が全国民の45%にまで上っています。このことからも分かるように、歯周病菌の温床を多くの人が抱えており他人事ではない慢性感染症となっています。

そもそも、おくちの病気「歯周病」とは?

歯周病菌によって歯周組織が破壊され、歯が抜けてしまう慢性の感染症です。悪化するとさまざまな病気を引き起こすと考えられています。

そもそも、おくちの病気「歯周病」とは?

歯周病は糖尿病の第6の合併症と言われており、体内での血糖コントロールと深い関連があり、十分な治療をせずに悪化すれば糖尿病の病状にも影響を与え、他の合併症を加速させる引き金とされています。その他、さまざまな全身疾患にも影響を及ぼします。

歯周病によりリスクが高くなる病気高血糖・糖尿病によりリスクが高くなる病気

それぞれの、医療費の負担は?

  • 歯周病

    保険適用 3割負担後の治療費
    軽度
    10,000円
    中程度
    10,000〜50,000円
    重度
    30,000〜50,000円
  • 糖尿病

    3割負担前の治療費
    投薬なし
    12,600円/月
    2種薬物療法
    25,600円/月
    インスリン療法・
    1種薬物療法
    37,200円/月

糖尿病からのリスクも、歯周病からのリスクも 両方を同時にカバーできます!

糖尿病の方  持病のない方

Copyright(c)2013 excelaid All right reserved.